HOME>特集>バスを借りるならばどのようなことをしておいたらよいか

料金はどのようになっているのか

バス外観

観光バスを借りる場合には、その仕組みを理解しておきたいところですが、その中で気になるのは料金がどのようになっているかです。料金に関しては、まず走行距離で決まっています。走行距離が500kmの場合には、その分だけ料金を支払わなければいけません。これはある意味運転手の拘束時間と考えてよいでしょう。それぐらいの距離なると、運転士も二人体制で行うのが基本になります。ただそこまでの距離がない場合には、運転手が一人で運転をするパターンがほとんどでしょう。距離が200kmぐらいならば、一人で充分です。

高速料金などもとる仕組み

高速バスを料金に関して言えば、高速道路を走る場合には高速料金も加算されます。ただバス一台に対して高速料金は多くても\20000から\30000ぐらいになりますので、そこまで大きな支払い額になることはありません。後は、ガソリン代なども支払わなければいけません。ガソリン代を支払う場合には、あらかじめ距離から考えてどれぐらいのガソリンが必要かを算出し事前に請求することが多いです。駐車場代などはどのようになるか気になるところですが、観光地の駐車場代をわざわざ支払わないことが多いでしょう。つまりそれは、観光バス会社の方の負担になることを意味しています。

広告募集中