HOME>イチオシ情報>バスに乗って県内をくまなく観光してみよう

観光をする目的

バス

埼玉エリアには観光バスが走っていますが、『利用してみたい』のであれば、どんな選び方をすれば楽しめるのでしょうか。第一に、『観光という目的』であることが基準ですが、埼玉から出発する観光バスであれば観光する地域を選択しましょう。会社などの慰安旅行、学校などでは修学旅行にも利用できますが、この場合には荷物の収納に困らないようにバスの床下(底)にトランクが設けられていることもポイントです。予定も計画性もなくフラッと乗車してみたいのであれば、定期観光バスを利用してみましょう。大概、席に空きがあれば予約なしで観光地を巡ることができ、時間つぶしにもなり得ます。街並み、景観などが魅力的である地域を巡るのならば、二階建てバスが最適です。二階部分が開放感あるオープンスタイルであれば、なおさら外の風を感じながら楽しめる内容です。

障害があっても安心

バス

観光を主目的とする観光バス、団体での貸切運行であったり、乗合バスによる定期観光バスまで、埼玉エリアには様々なタイプが走っています。埼玉の観光地をバス事業あるいは旅行事業部が設定したコースで巡ることが一般的ですが、バスターミナル、空港からも利用ができます。日数・時間・距離などに応じて料金が発生します。ちなみに、車椅子での乗降に対応するリフトを用意した車両もあるので、今や障害者のグループの外出を促すサポート事業にも繋がっているようです。

観光を楽しむ

バス外観

高速道路での走行から市街地・山間部の走行まで対応している観光バスは、埼玉観光という近距離の運行では運転手のみ、あるいはバスガイド1名が乗務します。車内サービス、観光案内まで担ってくれるため、ガイドブックや地域のことについて知識なしでも十分楽しめる内容です。また、長時間の移動があるため、気になるのはトイレ休憩ではないでしょうか。貸切バスと同じく、二階建てバスなどにはトイレが設置されています。

広告募集中